初心者、復帰勢向け遊戯王ルール


初心者、復帰勢向け遊戯王ルール

皆さんこんにちは!bonoです!私は、カードゲームのユーザーがもっと増えればいいと思い、こういった記事を書いています。この記事を見て、始めてくれる方がいることを願っています。さて、遊戯王のルールは複雑でわからず、始めにくいという方も多くいると思います。例えば、女性の方でも、声優が好きでアニメを見始め、カードゲームがしたくなったという方もいると思います。これは、実際に私の知り合いの女性の話です(笑)。このような遊戯王を始めようと思っている方の手助けになればいいと思っております。この記事では、遊戯王の基本的なルールについてまとめています。そして、この記事は後編になります。前編はこちらになります。後編は基本的なルールと流れについて説明していきたいと思います!

基本的なルール

目次

  • 遊戯王というゲームについて
  • 簡単な流れ

遊戯王というゲームについて

遊戯王というカードゲームはモンスターや魔法、罠カードを使い、相手のライフポイント(体力のようなもの)を0にすれば勝ちというゲームになります。ターン制で行い、モンスターで攻撃することや、魔法、罠カードなどの効果でライフポイントを減らしていきます。モンスターの召喚方法も多くあり、どういったデッキを組むかによって戦略なども変わっていきます。戦略だけではなく、奇跡のドローで逆転というのもカードゲームの楽しさの一つです。また、アニメでは、様々な召喚方法をカッコいい演出で表現しています。2020年には新作が出るみたいなので、興味がある方は、そちらもチェックしてみてください。また、楽しみ方も人それぞれです。強いデッキで大会に挑む人や、面白いコンボを使うためのデッキを組む方、カードをコレクションする方など様々な楽しみ方ができます!ルールを覚えることで遊戯王を楽しみましょう!

簡単な流れ

遊戯王はこのような流れで行います。

  • ドローフェイズ
  • ドローフェイズでは、カードを一枚引くことができます。ただし、先行プレイヤーは、一ターン目は、カードを引くことができません。また、はじめの手札は、5枚から始めます。

  • スタンバイフェイズ
  • スタンバイフェイズは、スタンバイフェイズに発動すると書いてある効果の処理します。

  • メインフェイズ
  • メインフェイズは、カードの召喚や魔法カードの発動、罠カードのセットなどを行います。召喚方法は主に、通常召喚と特殊召喚の二つに分けることができます。通常召喚は基本的に一ターンに一度しか行えません。また、モンスターには表示形式があり、攻撃表示は縦に、守備表示は横に置き、裏側守備表示は裏向きで横に置きます。特殊召喚は、条件を満たすことにより、制限がなければ何度も召喚することができます。また、罠カードは基本的に、一度伏せ、ターンを終えることによって、発動することができます。メインフェイズ2は、バトルフェイズを行わない場合、スキップし、メインフェイズ1からエンドフェイズに飛びます。

  • バトルフェイズ
  • バトルフェイズでは、モンスターでの攻撃が可能になります。(先行1ターン目は攻撃できない)基本的にモンスターは一度しか攻撃できず、相手の場にモンスターがいれば、それを倒してから相手プレイヤーに攻撃することができます。ライフポイントは、プレイヤーに攻撃すれば、モンスターの攻撃力分減り、モンスターへの攻撃では、攻撃力の差分のダメージを与えることができます。相手のモンスターが、守備表示の場合、攻撃側はダメージを与えることはできません。逆に、守備力が、攻撃力を上回っていた場合、その差分のダメージを受けることになります。

  • エンドフェイズ
  • エンドフェイズでは、ターンの終わりを宣言します。またエンドフェイズに発動するカードの効果の処理を行います。

まとめ

今回は、簡単な流れについて書かせていただきました。詳しいルールについて知りたい方は、公式のサイトや、遊戯王wikiさんにも書いてありますのでそちらを参考にしてみてください!まだまだ、難しく覚えることができない箇所も多いと思います。でも大丈夫です。遊戯王歴8年の私でも、まだまだ分からないところがあります(笑)。やっていくうちに分かるようになっていきます。なので、まずは始めてみましょう!始めたいけど何が必要かわからないという方は、こちらの記事がおすすめです。少し古めの記事ですが、初心者の方が必要なものについて書いてあります!これらの記事を見てひとりでも多く方にカードゲームに興味を持っていただけると嬉しいです。